韓国料理はもてなしの心…

韓国は儒教の国であり、礼儀、礼節を大切にする国でもあります。また、かの国に行ったことがある人はわかると思いますが、非常に人情深いという側面があります。ですから、韓国料理はいわば、もてなしの心がこもった料理なのです。

そういう部分は、献立の構成にも表れています。おそらく、韓国料理屋で、何皿も小皿が出てきたり、ご飯が山盛りだったり、頼んでもいない小鉢がたくさんついて来たり、ということで驚いた人もいるかと思います。一つメニューを頼むと、それに付随するものがぼこぼこと付いてくる、というのは韓国料理の特徴です。

韓国料理は、宴会などに向いていますね。韓国ではお酒も充実していますし、韓国焼酎やマッコリと合わせることで、料理はなお美味しくなります。

また、韓国料理には医食同源の考え方がかなり強く影響しており、体にも良い効果をもたらしてくれます。意外に野菜もたっぷりですし、唐辛子のカプサイシンは脂肪燃焼、代謝を促す効果があります。

居酒屋の魅力はどこにあるのか

いまだに居酒屋というと、おやじ天国というイメージを持っている人も多いでしょうが、それは昭和の話です。平成もはや20年を過ぎています。居酒屋というものも、多様化しています。もちろん、昔ながらの居酒屋や、赤提灯は存在していますが、しかし、ユーザーの多様化によって、居酒屋自身も実にさまざまなバリエーションを得ているのです。そこでは、サラリーマンだけでなく、OL、主婦、学生など、実に多様な人々が集っています。

居酒屋の良さは、何よりも雑多なメニューを少しずつ食べることができるという点にあります。それらのメニューは気取ったものではなく、リーズナブルです。少しずつ、お好みのものを食べながらお酒を飲むのは楽しいものです。また、お酒を飲めない子供でも、それらはごはんのおかずにもなりますし、家族で楽しむこともできるのです。

また、お金のない若い人でも、こうしたリーズナブルな価格は嬉しいものです。安く飲もうと思えば、焼酎のボトルを入れたり、と、工夫もできます。

全個室の居酒屋がお気に入り

“現在41歳の男性会社員で独身です。
居酒屋というと色々ありますが、私が気に入ってるのは全個室の居酒屋です。

個室だと少々楽な格好や体勢になっても問題ないですし、私が居酒屋を利用する場合は女性とのデートがほとんどなので、個室の方が女性との距離を詰めやすいのがいいんです。

特に全個室のお店の場合、オーダー方法も室内に備え付けられたタッチパネルでの注文だったりしますし、これだとスタッフを呼び止めてオーダーをする手間もなく楽チンです。

私はこのスタッフを呼ぶ止めてオーダーするっていうのが苦手なんです。
外食は好きなんですが、居酒屋に限らず他の飲食店でもこれがストレスになってます。

女性とデートの場合こういう役目をするのは男性だと思ってるので私がすみませーんと大きな声を出してスタッフを呼んだりするんですが、混雑時だと他のお客様の声や騒音でかき消されたり、スタッフが作業に集中していて気づいてもらえないってことがよくあり、こういうのが私にはストレスに感じてしまうんです。

しかしこういう個室内で注文出来る方法だとその心配はないですし、スタッフと関わりがあるのは料理を運んでくる時だけなので余計なストレスも感じません。

その分同グレードの他店よりも若干料金が高めだったりしますが、居酒屋なのに落ち着いた雰囲気を味わえるのとオーダーが楽さから、ここ最近はずっと全個室のタッチパネル注文の出来る居酒屋を利用しています。

6年4組 北新地

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>